Y!mobile(ワイモバイル)

長電話だけどスマホの料金を下げたい時に選ぶ格安SIMはワイモバイル

格安SIMへの乗り換えがお得な事が広く認知されてきた現在ですが、まだ乗り換えに迷っている人も多いはず。

既存のケータイ会社から乗り換えをためらう理由として、「通話を良くするのでかけ放題は外せない」といった意見は非常に多いです。

格安SIMで完全かけ放題を実現する会社は非常に少ないのですが、選ぶなら「ワイモバイル」の一択となります。

完全通話料金定額とデータ大容量が必要ならば

ケータイの通話が多くてかけ放題を外すことが出来ない方が格安SIMを検討するうえで、もうひとつ重視していただきたいことが「データ使用量」です。

完全かけ放題とデータ大容量(20GBや30GB)どちらも対応できる格安SIMはありません。
完全かけ放題は料金がとても高くなるため、格安SIMを選ぶ人にとって何おメリットもありません。

そのため、

  • 通話時間と毎月のデータ使用量がとても多い方
  • データ量の目安として7GB(ギガバイト)以上使用する

以上に当てはまるのなら、通信が安定している既存のケータイ会社(ドコモ・au・ソフトバンク)の完全かけ放題とデータ20GBプラン等を選ばれた方が良いのです。

データ使用が少なく完全通話料金定額ならワイモバイル一択

完全かけ放題とは、定額料金を払えば通話時間や通話回数が無制限となる通話サービスです。

格安SIMはまだ完全かけ放題はサービスが追いついていませんが、ワイモバイルなら月額1,000円のスーパーだれとでも定額で完全かけ放題を実現できます。

データ通信容量は最大14GBです。 データ増量無料キャンペーン適用中は21GBです。

  • データをあまり使わない
  • 通話時間が長い

以上に当てはまるのなら、ワイモバイルを選ぶとスマホの料金を引き下げることが出来るのです。

 

通話料金完全定額の格安SIMについて詳しくは

ワイモバイルオンラインストア

をご覧ください。

 

-Y!mobile(ワイモバイル)

Copyright© 格安SIM選びの解説書 , 2020 All Rights Reserved.