格安SIMの話題

格安SIMの大容量データを家族でシェアできるプランを比較!

格安SIMを家族や複数端末で使うなら、データ大容量プランを複数SIMカードでシェアするとお得に利用できます。

家族の中でもデータをよく使う人とあまり使わない人がいると思います。

家族それぞれが別々のプランではなくまとめて契約すればデータ量を無駄なく利用でき料金が割安になります。

こんな疑問に答えます!

家族で格安SIMをお得に使いたいけどいろいろと複雑で結局おすすめのプランはどれなの?
といった疑問にお答えします。

大容量プランをシェアできるおすすめの格安SIMは?

IIJmio

25年の歴史ある大手インターネット接続事業者インターネットイニシアティブが運営する格安SIM。

通信回線はドコモ回線の「タイプD」au回線の「タイプA」を選択できます。

「ファミリーシェアプラン」は、10GB以上のプランから最大10枚のSIMカードでデータを共有して利用できます。

シェアできるプランの
最安基本料金
月額2,560円(データSIM12ギガプラン)
+音声1枚につき月額700円
追加SIMカードの料金 4枚目以降のSIMカード(月額400円)
追加できるSIM枚数 9枚
追加するSIM手数料 追加手数料2,000円

詳しくは IIJmio をご覧ください。

 

BIGLOBEモバイル

30年の歴史ある大手インターネットプロバイダーで現在はKDDIグループのビッグローブが運営する格安SIM。

YouTubeなどの動画・音楽をデータ量を気にすることなく楽しめるエンタメフリーオプションといった他には見られないサービスがあります。

通信回線は、ドコモ回線の「タイプD」au回線の「タイプA」を選択できます。

「シェアSIM」は、3GB以上のプランから最大5枚のSIMカードでデータを共有して利用できます。

シェアできるプランの
最安基本料金
月額1,600円(3ギガプラン)
追加SIMカードの種類と料金 音声(月額900円)
SMS(月額320円)
データ(月額200円)
追加できるSIM枚数 4枚
追加するSIM手数料 追加手数料3,000円
SIMカード費用394円

詳しくは BIGLOBEモバイル をご覧ください。

 

OCNモバイルONE

NTTグループのNTTコミュニケーションズが運営する格安スマホ・格安SIM。

1日単位の通信容量コースがあることが特徴です。

通信回線はドコモ回線のみです。

「容量シェア」は、10GB以上のプランから最大5枚のSIMカードでデータを共有して利用できます。

シェアできるプランの
最安基本料金
月額2,300円(10ギガプラン)
追加SIMカードの種類と料金 音声(月額1,100円)
データ(月額400円)
追加できるSIM枚数 4枚
追加するSIM手数料 追加手数料
3,000円(音声SIM)
1,800円(データSIM)
SIMカード費用394円

詳しくは OCN モバイル ONE をご覧ください。

 

格安SIM各社の大容量プランを比較

各社基本料金プランの比較です。

10ギガプラン

BIGLOBEモバイルとIIJmioは12ギガプランの料金です

音声通話SIM

IIJmio 3,260円
BIGLOBEモバイル 3,400円
OCNモバイルONE 3,000円

データ通信+SMS

IIJmio (タイプD)2,700円
(タイプA)2,560円
BIGLOBEモバイル 2,820円
OCNモバイルONE 2,420円

データ通信SIM

IIJmio 2,560円
BIGLOBEモバイル 2,700円
OCNモバイルONE 2,300円

20ギガプラン

IIJmioは3ギガプラン+大容量オプション20GBを合わせた23GBです。

音声通話SIM

IIJmio 4,700円
BIGLOBEモバイル 5,200円
OCNモバイルONE 4,850円

データ通信+SMS

IIJmio (タイプD)4,140円
(タイプA)4,000円
BIGLOBEモバイル 4,620円
OCNモバイルONE 4,270円

データ通信SIM

IIJmio 4,000円
BIGLOBEモバイル 4,500円
OCNモバイルONE 4,150円

30ギガプラン

IIJmioは3ギガプラン+大容量オプション30GBを合わせた33GBです。

音声通話SIM

IIJmio 6,600円
BIGLOBEモバイル 7,450円
OCNモバイルONE 6,750円

データ通信+SMS

IIJmio (タイプD)6,040円(タイプA)5,900円
BIGLOBEモバイル 6,870円
OCNモバイルONE 6,170円

データ通信SIM

IIJmio 5,900円
BIGLOBEモバイル 6,750円
OCNモバイルONE 6,050円

家族4人でスマホを利用したときの比較

データ容量12ギガを家族4人で4台スマホを音声通話SIMを利用した時の料金
(OCNモバイルONEのみデータ容量10ギガ)

BIGLOBE  6,100円
12ギガプラン 3,400円+シェアSIMカード(音声)900円×3

OCNモバイルONE  6,300円
10GB月コース 3,000円+容量シェアSIM料金400円×3+SIMカード利用料700円×3

IIJmio  5,760円
ファミリーシェアプラン12GB 3,260円+音声通話機能付帯料700円×3+追加SIM400円×1

 

でも子供のいる家族では4人で12ギガは少ないですよね。我が家の子は普通に毎月10ギガは使っているので全然足りません。

データ容量30ギガを家族4人で4台スマホを音声通話SIMを利用した時の料金
(IIJmioのみデータ容量32ギガ)

BIGLOBE  10,150円  1人当たり2,538円
30ギガプラン 7,450円+シェアSIMカード(音声)900円×3

OCNモバイルONE  10,050円  1人当たり2,513円
30GB月コース 6,750円+容量シェアSIM料金400円×3+SIMカード利用料700円×3

IIJmio  8,860円  1人当たり2,215円
ファミリーシェアプラン12GB 3,260円+音声通話機能付帯料700円×3+追加SIM400円×1+大容量オプション20GB 3,100円

30ギガの大容量を家族で利用するならIIJmioが圧倒的にお安くなりました。

まとめ

各社を比較すると次の事がわかりました。

  • 総じて大容量プランでは、BIGLOBEモバイルがやや高い。
  • 複数人でのシェア利用では、IIJmioを選ぶと安くなる。

格安SIMの大容量データを家族でシェアする目的で契約すべきサービスは「IIJmio」です。

家族でIIJmioへ他社からMNPで乗り換える際の注意点として、乗り換える前の携帯電話会社で名義を同じ名前に変更しておく必要があります。

家族で特定のひとりが複数回線を契約するイメージです。

契約の関係で家族同時に乗り換えが難しい時は、1回線ずつ乗り換えても大丈夫です。

何度も言いますが重要なのは、同じ名義にする事です。

将来子供が成人を迎え、子供本人の名義に変更したいとしても現状のIIJmioの手続きでは変更できないようです。

IIJmioでの名義問題はよく話題になるようで、いずれは対応できるかもしれません。

しかし最近の学生さんはSNSで連絡を取り合い電話番号はあまり重要ではないみたいです。

IIJmioでもし子供の名義を変更したくなったら電話番号が変わりますが、新規で1回線契約をして現在使っている回線を解約すればいいのです。

誰の名義かという議論はあまり問題ではないことです。

 

この記事で調査した金額は通常料金の比較ですので、キャンペーン料金は考慮されていません。

キャンペーンを利用すれば料金がさらに安くなりますので、実際に申し込む時には各社公式ウェブサイトでご確認ください。
IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

 

-格安SIMの話題

Copyright© 格安SIM選びの解説書 , 2020 All Rights Reserved.