格安SIMの話題

スマホが高いのでやめたいなら今すぐ行動すべき!

調査によるとスマホ利用者の約3割が、「スマートフォンの利用をやめたい」と考えた事があるそうです。

スマホをやめたい理由でいちばん多いのが「料金が高い」ことです。

スマホをやめたい理由が明確ならばすぐにでも次の行動を起こして欲しいので、どうすれば良いのか考え方を整理しました。

スマホが高いと感じる理由

スマホが高いと感じる理由を整理して考えてみましょう。
理由を切り分けるとおおむねこんな感じでしょう。

  • スマホの機種購入代金が高い
  • スマホの毎月の利用料金が高い
  • スマホのオプション代金が高い

スマホの機種購入代金が高い

スマホの機種購入代金が高いと感じる人は、ほぼiPhone利用者ではないかと思います。
最新機種だと普通に10万円超えてます。

でも最新機種って必要ですか?

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンクを指す)を利用されている方の思考で最も多いのが、2年で買い換えないと損をするといったものです。
私も以前はそんな考えに支配されていました。

でも冷静に考えると、2年で買い換える必要なんてない事がわかりました。
その考え方はこの記事をご覧ください。

iPhoneは常に最新機種を買うべきなのか?

スマホの毎月の利用料金が高い

スマホの毎月の利用料金が高いと感じる方は、ほぼ大手キャリアの利用者です。

格安SIMに切り替えれば確実に毎月の料金は安くできます。

格安SIMはサービスが悪いとの意見がありますが、正しくもあり間違ってもいます。

大手キャリアはなぜ料金が高いのか。
理由はたくさんありますが、わかりやすさで言うと手厚いサービスにかかる人件費や、毎日テレビで有名タレントが出演してバンバン流れるCMのコストが料金に跳ね返るからです。

格安SIMは、そのような人件費や広告宣伝費用を出来るだけ抑えていることと、携帯電波の領域をできるだけたくさんの人でシェアして利用しているため安い料金が提供できる訳です。

格安SIMは航空業界のLCCのようなものと考えるとわかりやすいです。
LCCって安い代わりに極力多くの人を乗車できるように座席が狭かったりしますよね。

格安SIMは安いぶん大手キャリアと同様の手厚いサービスを求めることは筋違いです。
もちろん格安SIMだからと言って通信があまりにも繋がりにくいようなことは論外です。

大手キャリアのように店頭窓口で相談できなければ困るとか有名な会社でないと信頼できないと思う方は、大手キャリアの利用料金は高いのではなく妥当な価格であると考える必要があります。

スマホのオプション代金が高い

スマホのオプション代金が高いと感じる人もほぼ大手キャリアの利用者です。

契約時に付けられた不要なオプション類を解約することで料金を安くできます。
解約する手続きって結構面倒だし、解約した方がいいのか考えること自体が面倒になってつい先送りしがちですよね。

スマホが高いと思うかどうかは人それぞれである

こんなことを言うと身も蓋も無いのですが、 スマホが高いと思うかどうかは人それぞれなんですね。

最新の10万円以上するiPhoneを購入して、10万円以上の価値を出せている方なら全然高くない買い物です。
例えば、ブログやユーチューブでiPhoneのレビューをして自分から発信してお金を稼ぐような方は価値を出せている側の人達です。
価値を出している方はどんどん最新のものへ投資をしてお金を回していく努力をしています。

反対にネットやSNSをただ見るだけにとどまっていて、最新のiPhoneである必要がない方なら高く感じると思います。
その程度の利用なら型落ちのiPhoneを購入するか、Androidだと安い高性能なスマホがたくさんありますよ。

アップルがiPhoneを10万円以上で売るのは、「この価格で売れる需要があるから」です。

iPhoneの最新機種を買い続るのなら「高い」との思考を改める必要があるのです。

ちなみに私の考えは、スマホは通信ができればいいので最新のiPhoneは必要なく型落ちiPhoneを購入する派です。
浮いたお金はブログなどで発信するためにMacBookに投入しています。

スマホが高いと思うなら安くすればいい

結論はスマホが高いと思うなら安くすればいいのです。

大手キャリアを利用していた頃は、2年縛りが切り替わるタイミングにスマホ買い替えかなとかあれやこれやと考える必要があるのがとても面倒でした。

本来はスマホベースでそろそろ寿命を迎えそうかな?という頃に買い換えを検討したいのに、2年など契約ベースでスマホを買い換えることを考えるのが大きな不満でした。

今は格安SIMに切り替えて数年経っていますが、振り返るとスマホのことを考える時間が大きく減ったなと実感しています。
毎月の料金は千円台ですし、機種は期間に縛られず古くなったタイミングで買い換えたらいい訳ですからあれこれと頭を使う必要がなくなったからです。

格安SIMへ乗り換える心理的な壁は非常に高いのかもしれません。しかし不安を克服してその壁を乗り越えると明るい未来が待っています。

格安SIMはたくさんの会社があって選ぶのに迷いますが、料金面ではどこも似たり寄ったりです。
あれこれと格安SIM選びに時間かけて考えて手が止まってしまうより、ここに決めた!と思い切って行動に移せば「スマホが高い」との悩みから解放されますよ。

OCNモバイルONE契約手数料を安くする方法

-格安SIMの話題

Copyright© 格安SIM選びの解説書 , 2021 All Rights Reserved.