iPhone

iPhoneで撮った写真はiCloudに保存すると楽ですが注意点も有り

iPhoneで撮影した写真がどんどん溜まってスマホの保存容量を圧迫していませんか?

いざ写真を撮ろうとした時に保存容量がいっぱいになってしまうと古い写真を削除したりで大変ですよね?

そんな時にはiCloudに写真データを保存してしまいましょう!

あとiCloud保存に関して私が失敗したことがありましたので、その経験から設定で注意すべき点もお伝えします。

iPhoneの写真はiCloudへ保存する方法

iPhoneでiCloudを使うと5GBの保存容量が無料でついています。
でも5GBなんてすぐに容量いっぱいになってしまうでしょう。

なのでiCloudの容量を増やしてしまいましょう。

ただし、容量を増やせば毎月の料金が発生します。月額利用料金は次のとおりです。

  • 50GB 130円
  • 200GB 400円
  • 2TB 1,300円

iCloudの容量をアップグレードする方法

使っているiPhoneの「設定」→「[ユーザ名]」→「iCloud」→「容量」の「ストレージを管理」か「iCloud」を選びます。

「容量を購入」か「ストレージプランを変更」を選んで「購入する」としてあとは画面に従い支払い方法を登録すれば完了です。

200GBと2TBプランなら家族で共有が可能です。共有と言ってもデータ容量の共有だけでお互いの写真を見ることはできません。(見せる設定も可能です)

iCloudのメリット

iCloudを使うメリットは、撮影した写真が外部へクラウド保存されるのでiPhone内部の容量が圧迫されないことです。

自分で外部へのデータを移す意識はなくても勝手に保存してくれますのでとても楽です。

写真データが外部に保存されても手元のiPhoneの写真アプリには過去の写真のサムネイル(小さい写真表示)が見れます。
iPhoneから全く消えてしまう訳ではないのであの時撮った写真は?と振り返る時でも大丈夫です。

でもiCloudに保存できたからと言っても手元のiPhoneから削除してはいけません。
iPhoneから削除すると同時にiCloudデータも削除されてしまします。ここは注意点ですね。

毎月の利用料金がかかりますが、その分iPhoneのデータ容量が大き目の端末は不要です。
容量が最大ではなく少ない目の端末を購入すれば1万円から2万円価格を

iCloud利用の際はiPhoneの写真アプリの設定に注意

冒頭に書きました私が失敗したことは何かと申しますと、

写真データをiCloudへアップロードする際にモバイルデータを使っていたことです。

この設定は変更しておかないとかなり致命的な結果になります。

iCloudの容量をアップグレードした後日、旅行で普段よりも大量に写真撮影をしました。

最初はこれが原因だと気づかなかったのですが、旅行中の通信データ利用が1日で数GBと通常利用しないような消費容量となり、手持ちのデータ量が底をつきかける事態となったのです。

iCloud利用時にはモバイルデータ通信をオフにしてwi-fiで通信させる設定にしておきましょう。

 

「設定」→「写真」を選ぶ

 

「モバイルデータ通信」を選ぶ

 

「モバイルデータ通信」をオフにする

 

この設定さえしておけば安心してiPhoneで写真をどんどん撮影しても大丈夫です。

ぜひ「iCloud」を活用してみてください。

 

格安SIMで販売するiPhoneは最新機種で格安なのか?

-iPhone

Copyright© 格安SIM選びの解説書 , 2020 All Rights Reserved.